ほくろの除去を頼んじゃおう【傷跡を残さずにしっかりと完治】

女性
  1. ホーム
  2. ほくろの手術内容を知る

ほくろの手術内容を知る

顔を触る人

除去する際の諸注意

顔の目立つところにほくろがあるならば、美容外科クリニックの手術で除去してしまうのが一番かですっきりする方法です。しかしこういったほくろ除去手術というのは敷居の高いイメージがあり、そのため多くの人がほくろを消すクリームなどを使用することを選びます。そういった除去クリームは確かに効果を発揮するのですが、小さなほくろなら消せても大きなものや皮膚に深くできているものはクリームでは対処できません。その場合にはメスやハサミ、レーザーや鍼灸などを駆使した除去手術をしなければ決して顔から消すことはできないことは知っておきましょう。いぼなどの場合は皮膚科クリニックですぐに切ってもらうこともできますが、ほくろは別に病気ではないのであまり積極的に手術をしてもらうことができません。それでも外の出っ張ったほくろなどの場合は皮膚科のほうが安く切除できるので、どこに行けばいいのかわからないときには皮膚科で施術を受けましょう。皮膚科と美容外科の施術の違いはほくろを切り取ることだけを重視するか、切った後の傷跡をきれいにすることを重視するかとなっています。そのため、顔以外の個所、例えば首筋や手足のほくろを除去する場合にはできるだけ皮膚科で施術を受けるようにするとより安心して治療を受けることが可能です。顔の場合は傷跡が残ったり痛みが続いてしまったりすると相当なストレスになってしまい、それに伴って悪化する可能性があるので美容外科を利用することが大切となります。ほくろの場所に合わせて皮膚科と美容外科を使い分け、自分に一番都合のいいほくろ除去をしてくれるところに行きましょう。ほくろ除去施術にかかる費用というのは、実施する施術の種類によって全く異なってくることを知っておくようにしましょう。一番安い施術は皮膚科でやってもらえる切除施術であり、高額になるのは炭酸ガスレーザーを複数回にわたって使う施術です。なぜかというとレーザー施術は保険が適用されないうえに機材が高価なものであり、一回だけでなく何度もほくろを焼かなければならないからとなっています。こういった事情をしっかり把握しておかなければ想定外の費用となってしまうので、美容外科を利用するときには最初にしっかり医師と相談していきましょう。時間がかかる方法が高額というわけではなく、クリームと内服薬を処方してもらいずっと使い続ける方法や鍼灸治療などは安くほくろ除去することができます。これらの気の長い施術は結果的に傷跡が残る可能性が低くなり、さらには痛みが続く心配もないので多くの人にお勧めの方法となっているのです。もちろん切除してしまえばあとに残るのはただの傷となるので、消毒して清潔にしておけばあっという間に治ってしまうでしょう。炭酸ガスレーザーは最近人気のある方法ですが、それはかかる費用を度外視したうえでの評価だということは知っておかなければいけません。ほくろ除去を実現するための方法は数多く存在し、一概にこれが一番いいという施術があるわけではないのでじっくりと考えていくようにしましょう。一番大事なことは焦らないことであり、けがや病気ではなく悪化する心配のないほくろと気長に付き合っていくことがほくろ除去をするうえで重要なことです。